ニュース
» 2017年01月21日 09時00分 UPDATE

TechFactory通信 編集後記:製造業IoTに欠けている視点

製造業に向けたIoTプラットフォームが多く登場していますが、言うまでもなく「生産現場を広範囲にネットワーク化する」だけでは意味がありません。

[渡邊宏,TechFactory]
TechFactory通信 編集後記

この記事は、2017年1月16日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


 Tech“Factory”編集部に在籍していることもあり、工場や生産機械の話題にはついつい聞き耳を立ててしまいます。

 産業用ネットワークを利用した生産機械のネットワーク化は既に多くの現場で進んでいますが、ここ数年はインダストリー4.0やIIoTといった言葉とともに生産機械だけではなく上位の生産管理システムやITシステムまでも含めた広範囲なネットワークを構築して生産性を高めようという取り組みが提唱されています。

 ですが、「生産現場を広範囲にネットワーク化する」だけでは意味がありません。目的はあくまでも合理的な観点からの生産性や品質の向上であり、生産工程への実装に際して手段と目的を取り違えるわけにはいきません。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.