ニュース
» 2016年12月12日 08時00分 UPDATE

富士通 VisuaLine:オムロン草津工場の生産効率を30%向上させた、10万円からの工場可視化ソリューション

富士通が製造工程を可視化するIoTソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine」を販売開始した。オムロン草津工場の生産効率を30%向上させた実績を持ちながら低価格でのスモールスタートも可能だ。

[渡邊宏,TechFactory]

 富士通は2016年12月5日、製造工程の稼働状況を可視化するIoTソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine」の販売を同日より開始した。

 本製品は同社とオムロンが2014年からオムロン草津工場を舞台に、製造設備のログデータを用いた現場革新の共同実験に端を発するもの。実験段階の取り組みながらも、PCB表面実装を行うオムロン草津工場では6カ月で30%の生産性向上を果たし、2016年に行った同じくPCB表面実装を手掛ける富士通アイ・ネットワーク山梨工場における実証では停止時間25%削減を実現している。

 製品化に際してはオムロンとの実証実験で確立した、「稼働実績を線グラフにて見える化する機能」をベースに、富士通アイ・ネットワークとの実証実験で開発した動画連携機能などを付加し、既存設備の実績データをそのまま活用できる、スモールスタート可能な可視化ソリューションとして提供する。

「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine」の概要 「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine」の概要

月10万円のスモールスタートが可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.