ニュース
» 2016年12月12日 15時00分 UPDATE

IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス:企業業績分析ツールの最新版――任意の方法で業務を可視化できる機能などを追加

IFSは、企業業績分析ツール「IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(EOI)」の最新版を発表した。2017年初頭に販売を開始する予定。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 IFSは2016年10月、企業業績分析ツール「IFS エンタープライズ・オペレーショナル・インテリジェンス(EOI)」の最新版を発表した。販売開始は2017年初めを予定している。


 最新版では、設計図や施設の見取り図・写真などを組み合わせて業務データと重ね合わせるなど、任意の方法で業務を可視化する機能が追加された。また、同社が提供する統合型ERPソフトウェア「IFS Applications」と、プラグアンドプレイで接続できる。

 「IFS IoTビジネスコネクタ」との連携も可能で、ユーザーはIoT(モノのインターネット)データをビジネスの戦略や課題、業績などと関連づけることもできる。スケジューリング機能「IFSダイナミック・スケジューリング・エンジン」と連携すれば、同エンジンの既存の業務プロセスモデルやデータをそのまま活用することも可能だという。

photo

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.