ニュース
» 2016年11月07日 12時00分 UPDATE

キーサイト・テクノロジー N9041B UXA X:110GHzまでのカバレージを提供するアナライザー

キーサイト・テクノロジーは2016年10月、最大解析帯域幅5GHzで110GHzまでの周波数カバレージを提供するシグナル・アナライザ「N9041B UXA X」シリーズを発表した。高度なフロントエンド回路を搭載し、表示平均雑音レベルを低下できる独自機能を備えているという。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

ミリ波回路の初回時補正デザインが可能に

 キーサイト・テクノロジーは2016年10月、最大解析帯域幅5GHzで110GHzまでのカバレージを提供するシグナルアナライザー「N9041B UXA X」シリーズを発表した。

 N9041B UXAは、高度なフロントエンド回路を搭載している。低損失で効率的なミキシングや、ミリ波バンドで広帯域の変調信号を特性評価する際の表示平均雑音レベル(DANL)を−150dBm/Hzに低下できる同社の独自機能を備えているという。

photo 「N9041B UXA X」シリーズ

 N9041B UXAの開発では、同社のデザインとシミュレーション用のソフトウェアソリューションといったツールを用いることで、ミリ波回路のfirst-time-correct(初回時補正)デザインを可能にした。また、同社のミリ波測定ツールを使用して、デバイスのフル特性評価を実施。現在、これらのツールは、5G無線通信、ミリ波バックホール、衛星通信、車載用レーダー、軍事レーダー、電子戦システムの開発で使用されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.