ニュース
» 2016年05月31日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:IoTの普及を後押し!? リコーが開発した「発電ゴム」の可能性

センサーやIoT向けの環境発電用材料などの用途を見込む。

[TechFactory]

 世界のエレクトロニクス技術の最新動向を発信する「EE Times Japan」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『リコーが開発した「発電ゴム」はIoT製品開発のヒントとなるか』をご紹介します!

数百万回伸び縮み、「発電ゴム」はセンサーにも向く

数百万回伸び縮み、「発電ゴム」はセンサーにも向く

 リコーが新規事業開発の一環として位置付ける新規材料「発電ゴム」。風に当てたり、手で軽く触れたりするだけでも反応し、接触センサーとしても利用できるといいます。

 リコーが開発した発電ゴムは、数十〜数百μmという薄いシートの両面に電極を配置した形状をしており、(実験では)5×10cmの発電ゴムシートをたたいて数百V、数百μAの電力を発生させて、LEDを200個光らせることに成功したそうです。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、EE Times Japanで掲載された記事「数百万回伸び縮み、『発電ゴム』はセンサーにも向く」(掲載期間:2015年5月19日)を基に制作しています。

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.