ニュース
» 2016年05月26日 09時00分 UPDATE

富士通/インテル 実証実験:PC工場をIoT技術で見える化――不具合原因特定の効率化や輸送コスト削減に貢献

富士通とインテルは2015年5月に合意したIoT(モノのインターネット)分野での協業に基づき、ノートPCの製造を手掛ける島根富士通で実証実験を行い、その成果を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
ノートPCの製造を手掛ける島根富士通 ノートPCの製造を手掛ける島根富士通 ※出典:島根富士通

 富士通とインテルは2015年5月に合意したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)分野での協業に基づき、実証実験を開始。ノートPCの製造を手掛ける島根富士通において、富士通のIoTデータ活用基盤「FUJITSU Cloud Service IoT Platform(以下、IoT Platform)」と「インテル IoTゲートウェイ」を連携させた“製造工程の見える化”を実現するIoTソリューションを構築・運用したところ、製造工程の効率化を実現できたという。具体的には、製造ライン上の機能試験工程およびリペア工程の適正化を行い、出荷遅延による追加輸送コストを抑制することで、輸送コストを30%削減できたとしている。


機能試験工程/リペア工程の見える化が不十分でムダが発生していた……

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.