ニュース
» 2019年03月07日 07時00分 公開

オムロン ソーシアルソリューションズ/京王電鉄:利用者との対話を重ねることで新入社員から駅長へと成長する「駅案内ロボット」

オムロン ソーシアルソリューションズは、駅業務の自動化に向けて、利用客からの問い合わせに応対する音声対話型AI搭載ロボット「駅案内ロボット」を開発し、2019年3月16日から京王電鉄の井の頭線 下北沢駅 中央口で試験運用を開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
音声対話型AI搭載「駅案内ロボット」 音声対話型AI搭載ロボット「駅案内ロボット」 ※出典:京王電鉄

 オムロンの子会社で社会システム事業を担う、オムロン ソーシアルソリューションズは2019年3月5日、駅業務の自動化に向けて、利用客からの問い合わせに応対する音声対話型AI搭載ロボット「駅案内ロボット」を開発し、同年3月16日から京王電鉄の井の頭線 下北沢駅 中央口で試験運用を開始すると発表した。

 同ロボットの運用により、京王電鉄は駅利用客へのサービス向上と、窓口業務の省力化の両立を狙う。


独自の音声対話型AIエンジンと親しみやすいUIで応対

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading