メディア
ニュース
» 2019年02月26日 07時00分 公開

実証実験:NEC、時速90kmで走行する列車への高精細映像伝送実験に5G基地局を提供

NECは、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、東武鉄道が実施した「5G」を用いた高速走行中の列車への高精細映像伝送実験に、5G基地局の提供を通じて貢献したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
通過中の列車に映像伝送する様子 通過中の列車に映像伝送する様子 ※出典:NEC

 NECは2019年2月5日、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、東武鉄道が実施した「5G」を用いた高速走行中の列車への高精細映像伝送実験に、5G基地局の提供を通じて貢献したことを発表した。

 同実証実験は2018年12月17〜21日、埼玉県春日部市で東武スカイツリーラインの列車を用いて実施された。線路沿いに設置した4.5GHz帯/28GHz帯対応の5G基地局から、4K/8Kの高精細映像を時速約90kmで走行する列車内の5G移動局に伝送し、リアルタイムに大型ディスプレイに表示。加えて、列車内の無線LANを通して40台のスマートフォン端末(乗客が持つことを想定)に映像配信を行った。

移動局の動きに合わせてビームを追従、NECが提供した5G基地局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading