ニュース
» 2019年01月25日 09時00分 公開

IDC Japan:見えてきた、LPWAの普及を阻害する3つの要因

IDC Japanは、LPWA(Low Power Wide Area)市場におけるLPWAサプライヤーの取り組みに関する調査結果の概要を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 IDC Japanは2019年1月15日、LPWA(Low Power Wide Area)市場におけるLPWAサプライヤーの取り組みに関する調査結果の概要を発表した。

 LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoT(Internet of Things)データを取得する上でのコスト面のハードルを下げ、IoTの普及を促進する技術として期待されている。

 2018年は国内MNO(Mobile Network Operator)をはじめとする、主要なLPWAサプライヤーの通信規格のラインアップが顔をそろえたが、同時に普及の阻害要因となる課題も見えてきたという。その課題とは何か?


LPWAサプライヤーの多くが認識する“3つの課題”とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading