メディア
ニュース
» 2018年04月26日 12時00分 公開

インテルがエッジコンピューティングのオープンソースコミュニティーに参画intel Akraino Edge Stack

インテルは、「Wind River Titanium Cloud」技術ポートフォリオ、及び「Intel Network Edge Virtualization」ソフトウェア開発キット「Intel NEV SDK」をオープンソースコミュニティー「Akraino Edge Stack」に寄付することを発表した。

 The Linux Foundationは2018年3月27日(米現地時間)、インテル(Intel)が「Wind River Titanium Cloud」技術ポートフォリオ、及び「Intel Network Edge Virtualization」ソフトウェア開発キット「Intel NEV SDK」をオープンソースコミュニティー「Akraino Edge Stack」に寄付することを発表した。同時にIntelは、エッジコンピューティングインフラストラクチャの改善に取り組むオープンソースコミュニティーに参加する。


 Akraino Edge Stackは、エッジコンピューティングシステム向けに最適化された高可用性クラウドサービスを支援する、オープンソースソフトウェアスタックの作成を目的とした団体。

 今回の寄付は、仮想マシンとコンテナで実行する通信事業者レベルの大規模なエッジコンピューティングアプリケーション向けに設計されたAT&Tコードを補完し、信頼性とパフォーマンス要件を支援するものだ。

 Wind River Titanium Cloudコンポーネントは、低遅延、高性能、セキュリティ要件などに加え、24時間365日連続稼働に必要となる高可用性や障害管理、パフォーマンス管理などに対応するために強化された基盤を備える。

 Intel NEV SDKコントリビューションは、異なるネットワーク展開に対応するエッジコンピューティングソリューションを実現するための一連のレファレンスライブラリとAPIを提供。また、Intel NEV SDKライブラリは、Wind River Titanium Cloud技術により既に実証され、利用可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.