連載
» 2018年03月12日 09時00分 公開

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:「鶏と卵」を抜け出しそうな、Armサーバの現在地 (2/3)

[大原 雄介,TechFactory]

ARMv8で加速するサーバ向けArm向けプロセッサ

 さてその一方で、こうしたArmのプロセッサIPを使わず、自身によるプロセッサ開発を決めたベンダーも少なくない。

 PowerPCベースのプロセッサを作っていたAPM(Applied Micro Circuits Corporation)、MIPSベースのネットワークプロセッサを作っていたCavium Networks、同じくMIPSベースのネットワークプロセッサを作っていたNetLogic(を買収したBroadcom)、そしてAMDなどがいずれも早い時期にARMv8Aのアーキテクチャライセンスを取得、独自Armコアの開発に乗り出した。

X-Gen

 最初に製品を投入したのはAPMで、4-Issue WideのSuperScalarを搭載した「X-Gene」を2012年に発表、2013年より販売している(Photo07)。

Photo07:2012年のHotChipsにおける同社の発表資料 Photo07:2012年のHotChipsにおける同社の発表資料より。L2キャッシュは2コアで共有で、この2コアのペアが4〜8個(つまり8〜16コア)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading