メディア
特集
» 2018年01月24日 09時00分 公開

問われるaiboの次、ソニーは「エモい会社」に返り咲けるかコラム(2/2 ページ)

[渡邊宏,TechFactory]
前のページへ 1|2       

 トランジスタラジオやウォークマン、プレイステーションやVAIOなどを生み出しながらも、5200億円の赤字(2012年3月期)に陥った企業のかじを取ることになった新社長は就任時、既存事業の強化と構造改革、それに新事業の創出を方針として掲げた。

 アプローチとしては奇をてらうことない直球である。ただ、前任者がリアリスティックな「選択と集中」を発信したのに対し、新社長はエモーショナルな「KANDO(感動)」を各所で語り始める。

「KANDO(感動)」を打ち出す新社長

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.