メディア
特集
» 2017年12月22日 09時00分 公開

インテリジェントファクトリーの「今」と「これから」SCF2017講演レポート(2/3 ページ)

[渡邊宏TechFactory]

 及川氏はIntelligent Dashboardについて、事象を観察する際に必要とされる3つの目(細部を注視する「虫の目」、流れを注視する「魚の目」、全体を俯瞰する「鳥の目」を導入者へ提供することが、その目的だと語る。

 製造ラインや生産拠点の「見える化」といういわば製造業IoTの初手ともいえる取り組みで、「15%の生産性向上」といった大きな成果を得ていることは注目に値する。及川氏は見える化こそ、フィジカルとサイバーを鏡合わせで表現するデジタルツインやインダストリー4.0を支える重要な技術だとする。

世界規模の「見える化」で何が生まれるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.