特集
» 2017年08月30日 09時00分 UPDATE

テクトロニクス・イノベーション・フォーラム2017:IoTに適した2.4GHz帯/900MHz帯通信規格の最新情報と測定 (2/3)

[佐々木千之,TechFactory]

「5」まで進化しているBluetooth

 Bluetoothは2.4GHz帯を使う近距離通信技術で、2400MHz〜2480MHzの中で周波数ホッピングを行い、中心周波数を時間的に変化させながら通信する干渉に強い規格だ。Bluetoothにはバージョン1.1から最新版の5まであり、3.0まではデータレートを高速化する流れがあり、携帯電話ヘッドセットやPCの周辺機器などで使われていたが、Bluetooth 4.0で加わったBluetooth LE(Low Energy)で、超低消費電力での動作が可能になったことで、スマートウォッチや各種センサー/ビーコンとの通信に用途が広がっている。最新のBluetooth 5もBluetooth LEがベースになっているという。

Bluetooth規格の一部(出典:テクトロニクス) Bluetooth規格の一部(出典:テクトロニクス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading