特集
» 2017年07月18日 09時00分 公開

「ARMコアの普及」(前編)――AppleとNokiaに見初められたプロセッサIP (2/2)

[大原 雄介,TechFactory]
前のページへ 1|2       

3種類のARMコア

 ただこの後、特にスマートフォン向けには、より高い処理性能が求められるようになってきた。これに向けてARMは新しい命令アーキテクチャ(ARMv7)を3種類策定すると共に、これを実装する3種類のCPUコアを開発した。

 最初に投入されたのはマイコン向けの「Cortex-M」で、最初のコアであるCortex-M3が2004年に発表されている。翌年にはアプリケーションプロセッサの「Cortex-A」シリーズの最初の製品であるCortex-A8が、2006年にはリアルタイム制御向けの「Cortex-R」シリーズに属するCortex-R4がそれぞれ発表されることになった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading