特集
» 2018年11月19日 09時00分 公開

「つながらない」「遅い」は過去の話:パナソニックがB2Bで再び脚光を浴びる「HD-PLC」の利点を100周年イベントで解説 (1/2)

創業100周年を記念して開催されたパナソニックの全社ユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(会期:2018年10月30日〜11月3日)の技術セミナーから、「工場がビルが今すぐネットにつながるマルチホップ通信対応『HD-PLC』」の講演内容をお届けする。

[八木沢篤,TechFactory]

IoT時代のネットワークとして存在感を強める「HD-PLC」

 「過去、家庭向けでは苦戦したPLC(電力線通信:Power Line Communication)だが、今日ではB2B向けの通信技術として生まれ変わり、IoT(Internet of Things)時代のネットワークとして“使える技術”になった」

 そう強調するのは、パナソニックの全社ユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(2018年10月30日〜11月3日)の技術セミナーに登壇した、パナソニック コネクティッドソリューションズ社 ビジネスコミュニケーションBU 事業企画部 ドキュメント企画課 主幹 斉藤武靖氏である。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社 ビジネスコミュニケーションBU 事業企画部 ドキュメント企画課 主幹 斉藤武靖氏 パナソニック コネクティッドソリューションズ社 ビジネスコミュニケーションBU 事業企画部 ドキュメント企画課 主幹 斉藤武靖氏

 PLCとは、電力線を通信ネットワークとして利用する技術である。マスター/ターミナル装置をそれぞれコンセントに接続することで、電力線を用いたデータ通信が可能となる。パナソニックは2006年に家庭向けの「HD-PLC(高速電力線通信:High Definition Power Line Communication)」アダプターを商品化するなど、積極的にHD-PLCの普及活動に取り組んできた(第1世代)。しかし、当時はまだ技術的に成熟しておらず、Wi-Fi環境の急速な普及に押され、家庭内での利用においてその存在感は薄れつつあった……。

 そんなHD-PLCが今、IoT時代のネットワークとして再び脚光を浴びようとしている。

イーサネットやWi-Fiの課題を補完する「HD-PLC」という存在

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading