特集
» 2018年11月14日 09時00分 公開

CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018 レポート:パナソニック100周年イベントで見た“現場プロセスイノベーション”の現在地 (1/2)

パナソニックの創業100周年を記念して開催された「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」の展示会場から、製造、物流、流通の課題解決を提案する「GEMBA PROCESS INNOVATION」のエリアの様子を詳しくレポートする。

[八木沢篤,TechFactory]

 創業100周年を記念して開催されたパナソニックのプライベートイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(会期:2018年10月30日〜11月3日/会場:東京国際フォーラム)の総合展示では、複数のエリアが設けられ、暮らしや街づくり、モビリティーなどをテーマに、さまざまなコンセプトが披露された。

 本稿ではそのうちの1つ、パナソニック コネクティッドソリューションズ社(CNS社)による“現場プロセスイノベーション”の取り組みを中心に紹介する「GEMBA PROCESS INNOVATION」のエリアについて取り上げる。

「GEMBA PROCESS INNOVATION」のエリア 「GEMBA PROCESS INNOVATION」のエリア

 このGEMBA PROCESS INNOVATIONのエリアでは、製造、物流、流通業界を取り巻く課題に対して、パナソニックの技術力とノウハウがどのように、現場プロセスに革新をもたらすのかを披露。展示会場では「つくる」「はこぶ」「うる」の一連の流れにリンクする形で、生産自動化ラインや自動搬送システム、欠品検知ソリューションなどのデモンストレーション環境が所狭しと並べられていた。


お弁当容器に蓋をするロボットアームが人手不足と食の安全に貢献

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading