ニュース
» 2018年07月11日 07時00分 公開

シュナイダーエレクトリック:スマート工場の実現に向けた検証施設「マシンソリューション・ラボ」を開設

シュナイダーエレクトリックは、スマート工場の実装を加速する検証施設「マシンソリューション・ラボ」を東京、大阪に開設すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 シュナイダーエレクトリックは2018年6月25日、スマート工場の実装を加速する検証施設「マシンソリューション・ラボ」を東京、大阪に開設すると発表した。東京のマシンソリューション・ラボは同年7月2日に、大阪は同年7月27日に開設される。


 同社は、日本国内でのFA事業をより強化するため、2017年に専門組織となるインダストリー事業部を新設。従来のプログラマブル表示器(HMI)やシグナリング機器といった製品ポートフォリオに、PLCやインバーターなどを新たに加え拡充を図った。

インバーター・セントリックTVDAイメージ図 インバーター・セントリックTVDAのイメージ図(出典:シュナイダーエレクトリック)

 さらに、2018年から「包装機」「ホイスト」「空調機」「搬送機」「ポンプ」「加工機」の6つのターゲットセグメントに対し、専門知識や経験を有するエンジニアが最適な装置の構築を支援する「マシンソリューション」の提供を開始。同社のマシンソリューションは、「TVDA(Tested Validated Documented Architecture)」と呼ばれる装置構成のひな型を用いるのが特長である。

装置開発のコスト削減と納期短縮を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading