ニュース
» 2018年04月24日 12時00分 公開

シノプシス:包括的なISO 26262認証済み開発プラットフォームを提供開始

シノプシスは、Fusion Technology搭載のシノプシス・デザイン・プラットフォームのツール群が、ISO 26262準拠性の認証を個別に獲得したと発表した。車載向け半導体コンポーネント、システム開発企業各社による車載システム開発を支援する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 シノプシス(Synopsys)は2018年3月20日(現地時間)、Fusion Technologyを搭載したシノプシス・デザイン・プラットフォームの全てのツール群が、ISO 26262準拠性の認証を個別に獲得したと発表した。

 ISO 26262準拠性の審査は、米国国家規格協会より正式認可を受けた機能安全認証機関である米exidaによって実施された。今回の認証により、ASIL A〜ASIL D基準の車載システム開発に同社の各種設計ツールとフル設計フローが適用可能となった。同社の設計フローは、ISO 26262:2011規格ならびにISO 26262:2018規格2nd Editionドラフトが要求する基準に合致した業界初のフローだ。


 ISO 26262は、機能安全が確保された車載SoCの開発プロセスで実施を要する要件を定義しており、ソフトウェア・ツールの評価や個別ツール認証も義務付けられている。こうした認証プロセスを経て、同社では機能安全キットも提供する。

 今回認証された設計フローは、RTLからサインオフをカバーするデジタル設計フロー、カスタム/アナログ・ミックスドシグナル設計フロー、ライブラリ開発フローの3種。これらフローのISO 26262準拠性認証の詳細は、準備が整い次第exidaのWebサイトから参照できるようになる。

 認証済みのデジタル、ならびにカスタム/アナログ・ミックスドシグナル設計ツール・チェーンの機能安全キットは提供を開始しており、同社のSolvnetサイト経由でダウンロードできる。ライブラリ開発ツール・チェーンの機能安全キットは、2018年4〜6月期に提供を開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading