連載
» 2018年01月30日 09時00分 公開

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(6):上流工程の品質活動でソフトウェアの品質は向上するのか (2/6)

[五味弘,TechFactory]

上流こそ品質の総本山

 テストで上流工程の品質の弱点を見つけても遅い。それは無視されるかもしれない。それが軽度の弱点であればなおさらで、「次の開発では検討します」と返されるのが関の山である。そこで上流工程で品質の美点を作り込み、弱点をカバーする。これは上流工程こその利点である。

 企画段階では品質の美点を「誰のために」「どこで」「何を」「いつ」「どのようにするのか」そして、「どのように作り込むか」を考える。このように美点を5W1Hで考えると、具体的な目標を得たことになる。

 例を挙げよう。使用性と性能効率性の両立という品質を5W1Hで分解して、具体的に考えるとする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading