ニュース
» 2017年11月20日 12時00分 公開

オンセミ Hayabusaファミリー:車載向けのCMOSイメージセンサープラットフォーム

オン・セミコンダクターは、ADAS、ミラーリプレイス、サラウンドビューシステム、自動運転などの車載アプリケーション向けに、CMOSイメージセンサープラットフォーム「Hayabusa」とファミリー製品のCMOSイメージセンサー「AR0233」を発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

画素サイズ3.0μmの裏面照射型設計

 オン・セミコンダクターは2017年10月、ADAS、ミラーリプレイス、リア、サラウンドビューシステム、自動運転などの車載アプリケーション向けに、CMOSイメージセンサープラットフォーム「Hayabusa」とファミリー製品のCMOSイメージセンサー「AR0233」を発表した。

CMOSイメージセンサー「AR0233」

 Hayabusaプラットフォームは、LEDフリッカー抑制(LFM)と同時に機能するウルトラハイダイナミックレンジ(UHDR)、車載グレード認定などの車載対応機能を備えている。解像度は1〜5Mピクセル。また、ISO 26262準拠のリアルタイムな機能安全の機能群を搭載。センサーが問題や潜在的なエラーを発見した際に即座にエラーを特定し、システムプロセッサに警告するなど、機能安全要求レベル「ASIL C」まで対応するシステム設計が可能になった。

 画素サイズ3.0μmの裏面照射型設計を特長とし、10万エレクトロンの電荷容量を備えた。これによりHayabusaファミリーの各デバイスは、低照度感度を損なうことなくLFMと120dBのHDRを可能にした。

 同ファミリーの最初の製品となるAR0233は、解像度2.6Mピクセル、60フレーム/秒(fps)で動作する。HDRやLEDフリッカー抑制など、Hayabusaプラットフォームの全機能を搭載している。同社は、「Hayabusaファミリーを使用することで、Euro NCAP2020などのADASの標準規格に対応し、フリッカー抑制技術を用いた電子ミラーや高解像度のサラウンドビューシステムなどを実現できる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.