ニュース
» 2017年11月02日 08時00分 公開

NEDO/大阪大学 接合科学研究所:世界初の純銅を積層造形できる3Dプリンタ、高輝度青色半導体レーザー開発で実現

NEDOプロジェクトにおいて、大阪大学 接合科学研究所 教授の塚本雅裕氏らの研究グループが「世界初」をうたう純銅を積層造形できる3Dプリンタを開発した。純銅粉末を溶融させるために、出力100Wの高輝度青色半導体レーザーを開発。近赤外線レーザーを用いた3Dプリンタでは困難だった、純銅を用いた加工部品などの造形が可能となる。

[八木沢篤,TechFactory]
純銅の積層造形のサンプル 純銅の積層造形のサンプル

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年10月24日、NEDOプロジェクトにおいて、大阪大学 接合科学研究所 教授の塚本雅裕氏らの研究グループが「世界初」をうたう純銅を積層造形できる3Dプリンタを開発したと発表した。

 塚本氏らの研究グループと島津製作所が共同で取り組み、日亜化学工業および村谷機械製作所の協力を受けて開発。青色半導体レーザーの高輝度化により、純銅を積層造形できる世界初の技術を実現したという。

関連資料ダウンロード[無料PDF]:

3Dプリンタ市場は「終わった」のか? 国内3Dプリンティング市場

IT専門調査会社のIDC Japanは、国内3Dプリンティング市場における2014〜2016年までの推移と実績、2021年までの市場予測を発表した。3Dプリンタ本体の出荷台数が低迷する中、3Dプリンタ市場に希望はあるのだろうか?



複雑な構造の流路を持った純銅ヒートシンクなども実現可能に!?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.