ニュース
» 2017年11月01日 12時00分 公開

NXP LX2160A:ARMの64bitコア、Cortex-A72を採用したSoC

NXPセミコンダクターズは、ARM 64ビット16コアを採用したSoC「LX2160A」を発表した。最大100GbpsのイーサネットとPCI Express Gen4のインターコネクト規格をサポートする。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 NXPセミコンダクターズは2017年10月、ARM 64ビット16コアを採用したSoC(System on Chip)「LX2160A」を発表した。高性能ネットワークエッジコンピューティングやデータセンターオフロードに対応する。

「LX2160A」ブロック図 「LX2160A」ブロック図

 FinFETプロセス技術を採用し、30W未満の消費電力で最大2GHzまで動作するARM Cortex-A72 16コアを搭載。最大100GbpsのイーサネットとPCI Express Gen4のインターコネクト規格をサポートする。ワイヤスピードでL2スイッチングを提供し、50Gbps IPsec暗号化のためのアクセラレーションとデータ圧縮を統合した。

 同社は、「16コアと100Gbpsイーサネットを統合することで、高性能エッジコンピューティングアプリケーション要件に対するARMエコシステムの対応を可能にする」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.