特集
» 2017年09月22日 09時00分 公開

コネクティッドホーム アライアンス:トヨタやパナ、東急も参加、立ち上がるか国産「暮らしのIoT」

東急電鉄やパナソニック、トヨタ、東京海上、キユーピー、みずほFGなど多種多彩な77社が集まり、「暮らしのIoT」実現を目指すコネクティッドホーム アライアンスが本格始動した。住宅や不動産、食品など日常生活に近い企業も多く、その「推進力」が期待される。

[渡邊宏,TechFactory]

 ジャパンクオリティーな「暮らしのIoT」実現を目指すコネクティッドホーム アライアンスが本格的な始動を宣言した。

 東京急行電鉄(東急電鉄)やパナソニック、トヨタ自動車、東京海上日動火災保険、キユーピー、みずほフィナンシャルグループなど多種多彩な77社が集い、身の回りのモノがメーカーや種類を問わずつながることでの新たな価値提供を目指す。

コネクティッドホーム アライアンス設立会見の登壇者 2017年9月14日に行われた、コネクティッドホーム アライアンス設立会見の登壇者。左から、フラワー・ロボティクスの松井龍哉氏、美和ロックの和氣英雄氏、東京急行電鉄の市来利之氏、パナソニックシステムソリューションズジャパンの奥村康彦氏、東京大学 生産技術研究所の野城智也氏

「暮らしのIoT」を加速させるために

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.