ニュース
» 2017年08月01日 12時00分 UPDATE

東芝三菱電機産業システム SOLAR WARE:1500V対応パワコンで変わる太陽光発電、コスト削減にメリット

太陽光発電のコスト削減に向けて、国内でも直流1500V対応パワコンの導入に注目が集まり始めている。国内メーカーでいち早く1500V対応パワコンを投入した東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は「PVJapan2017」でその実機を披露した。

[提供:スマートジャパン編集部,TechFactory]

 東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は「PVJapan2017」(2017年7月5〜7日、パシフィコ横浜)に出展し、太陽光発電所向けのパワーコンディショナー(PCS)「SOLAR WARE」シリーズの1500V対応モデルなどを展示。1500V対応PCSの導入によるコスト削減メリットをアピールした。

展示した「SOLARWARE 2500」 展示した「SOLARWARE 2500」

 同社は2017年4月から出力2.5MWのPCS「SOLARWARE 2500」を販売している。その後6月には姉妹機となる出力1.25MWの「SOLARWARE 1250」の販売も開始し、1500V対応モデルのラインアップ拡充に注力している。

 1500V対応PCSの導入メリットとして挙げるのが、太陽光発電事業に必要なシステムコスト削減への貢献だ。直流回路の高圧化によりストリング当たりに接続できる太陽光パネルの枚数が増やせるようになることで、接続箱の数や配線などを削減できる。

 加えてPCS1台当たりの容量が増えれば、設置台数を減らすことができ、システムコストの削減につながるメリットもある。TMEICによると直流1000V対応のPCSを利用する場合を比較して、設置台数を約30%削減できる。「再生可能エネルギーの固定買取価格制度」(FIT)の買取価格引き下げが続く中で、これらの理由から初期投資を押さえたいという場合に1500V対応PCSは最適だという。「北米などを中心に、海外では1500Vが中心になりつつある。日本国内でも引き合いが増えており、今後数年で1500Vの導入が加速するとみている」(ブース担当者)

 SOLARWARE 2500は屋外設置が可能な大容量PCSで、ヒートパイプと冷却ファンを併用したエアコンレス設計により、省エネ性能を高めているのが特徴だ。周囲温度は-20〜40℃まで対応し、寒冷地や塩害地域にも設置できる。変換効率は98.8%だ。

 SOLARWARE 1250は容量を半分の1.25MWに押さえた姉妹機。複数種を用意することで発電所のシステム構築柔軟性を支援する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.