ニュース
» 2017年07月25日 18時00分 UPDATE

特選ブックレットガイド:計測機メーカーから見た5G(第5世代移動通信)とその現状

5G(第5世代移動通信)は2020年の一部商用化を目指した実証実験が予定されており、要件実現に向けた活発な研究が続いている。計測機メーカーの立場から、5G実現に向けた動向を解説する。

[TechFactory]

 LTEから5Gへ――。スマートフォンの利用者増や大容量コンテンツの利用増大、IoTによる移動体トラフィックの急増など、移動体通信を取り巻く環境は厳しさを増している。そこでさらなる「高速化」「大容量化」「低遅延」「同時接続数増加」などを目指して開発されているのが、5G(第5世代移動通信)である。

 これらの要件を満たすには既存技術の延長では難しいと考えられており、Massive MIMOやOFDM以外の変調方式、ネットワーク仮想化技術の重要性が訴えられている。技術要件と実装の橋渡しを行う計測機メーカーの立場から、5G実現を巡る現状を紹介する。(※本資料はEDN Japanの記事をまとめたブックレットです)。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、EDN Japanに掲載された「今さら聞けない5G入門 要件実現に向けた新技術」(掲載:2016年6月16日)を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.