連載
» 2017年07月10日 09時00分 UPDATE

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:Appleの通告は「MIPSの終わり」の始まりか (1/3)

AppleによるImaginationへのIP利用停止宣言は、1981年に産声を上げた「MIPSアーキテクチャ」の終わりを告げるものとなる可能性を秘めている。MIPSの歴史をひもときながら、その行く末を考察する。

[大原 雄介,TechFactory]

 2017年4月にAppleがImagination Technologiesに対して通告したIP利用中止の余波を受け、翌月にImagination Technologiesは同社の傘下にあったMIPS部門などの切り離しを決定するものの、それだけでは生き残れないと判断したのか、6月には全社売却の決断をしたと報じられている(Imaginationが身売りへ、Appleの取引停止宣告余波)

 折りしもAZCAの石井正純氏による記事(MIPSコンピュータをめぐる栄枯盛衰 )が掲載されていることもあるので、Imagination Technologies全体の話はまた別にして、今回はそのMIPSについて触れてみたい。


数奇な運命をたどるMIPS

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.