連載
» 2017年04月21日 09時00分 UPDATE

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(8):ソフトウェアテストの施策と運用(前編)――IoT時代を生き抜くテスト施策 (1/6)

変化する時代の中で、ソフトウェアテストはどのようにあるべきか。変わらなくてはならないならば、どう変わるべきか。今回はこれらの質問に対する解として、「新時代のテスト施策」について考察する。

[五味弘,TechFactory]

 IoTとAI、ビッグデータが当たり前となった新たな時代に、ソフトウェアテストはどのようにあるべきか。従来のソフトウェアテスト施策のままでは立ち行かなくなるのか。テスト施策のどこをどのように変えるのか。そして「新時代のテスト施策」はどんなものになるのか。

 前回はIoTなどの新時代のソフトウェアテストの課題を見てきた。そこで明確になったのは、新時代のソフトウェア開発では開発プロセスが従来のものとは大きく違っていて、それによってテストの課題(試練)も大きく変化していることであった。今回はこの試練に対する、「テストの施策」を見ていくことにする。


再考!従来のソフトウェアテストの施策

 従来のソフトウェアテスト施策はどのようなものであったのか。第5回ではテスト種別に応じた細かな施策を紹介したが、ここからはテスト全体に対する従来の施策と、どこを変革するべきかを見ていくことにする。

ウオーターフォール型のテストを変革する

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.