ニュース
» 2017年03月29日 07時00分 UPDATE

日本システムウエア/NTTデータ Toami:医療関連企業におけるIoT環境構築およびビジネス推進を支援

日本システムウエア(NSW)とNTTデータは、医療関連分野におけるIoT(Internet of Things)ビジネスで協業することを発表した。

[TechFactory]

 日本システムウエア(以下、NSW)とNTTデータは2017年3月14日、医療関連分野におけるIoT(Internet of Things)ビジネスで協業することを発表した。


 NTTデータが長年培ってきた医療関連分野における業務ノウハウや営業力と、NSWが得意とする「Toami」を活用したIoTシステム構築技術を融合し、医療関連企業におけるIoTビジネス推進を支援する。具体的には、NTTデータが医療関連企業とのコーディネートを行い、NSWはその方針に基づき、Toamiを活用したIoTシステム構築を支援し、IoT環境構築をサポートする。

協業イメージ 協業イメージ(※出典:NSW/NTTデータ)

 Toamiとは、PTCのIoTテクノロジープラットフォーム「ThingWorx」をベースに開発された、IoTサービス開発・構築の専用クラウドプラットフォームである。デバイス管理、データ管理、外部連携機能などを網羅した“ノンプログラミング開発基盤”により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現。収集したデータの見える化や機器制御、データ分析などが容易に行えるサービスとして展開している。

 レセプトオンライン請求や地域医療連携ネットワーク、医療関係のクラウドサービスなどを展開してきたNTTデータのヘルスケア事業部では、近年の厚生労働省からのガイドライン順守やサイバーセキュリティに関する注意喚起を受け、セキュリティに配慮した取り組みを強化。医療現場に求められるセキュリティに配慮した業務改善、医療機器などの故障検知、予防保全、検査情報を活用した診断支援など、IoTによる新たなビジネス領域の検討を進めてきた。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.