ニュース
» 2017年03月02日 08時00分 UPDATE

メカトラックス ラズベリーパイ屋外稼働キット:太陽電池と通信モジュールを搭載、防水のラズパイ屋外キット

産業用にも広く使われている「Raspberry Pi」を、屋外でも利用可能にするキットが販売開始された。太陽電池と3G通信モジュールを備えており、電源や通信配線も不要だ。

[渡邊宏,TechFactory]

 本来は教育用として企画開発されながら、2016年には約200万台が産業用途向けとして出荷されたシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」。シリーズ累計1000万台を越える台数を出荷しており、なおもその需要は高まる一方。その需要に対応すべく、2016年秋には愛知県にあるソニーの稲沢工場でも生産が開始されている。


 そのRaspberry Piを産業用として利用する際、いくつかの解決すべき課題が浮上する。元来が産業用製品ではないので工業規格に沿った設置にはケースやジャスターが必要となる他、各種コネクター類も堅牢とは言い難いため耐久性を求めるならば何らかの手段を講じる必要がある。

 あくまでもシンプルなボードコンピュータであるため、産業利用に際しては用途に応じた物理的なカスタマイズが必要となる製品であるが、農場や水路などの見守りといった「屋外での利用」に際しては防水や電源確保などの面からハードルが高かった。そこでメカトラックスが販売を開始したのが、太陽光パネルや通信モジュールを防水ケースに収めた「ラズベリーパイ屋外稼働キット」だ。このキットだけで場所を選ばずにRaspberry Piの動作環境を構築できる。

ラズベリーパイ屋外稼働キット ラズベリーパイ屋外稼働キット

間欠運転で太陽光パネルと蓄電池を小型化

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.