ニュース
» 2016年12月21日 08時00分 UPDATE

日立ソリューションズ:日系企業特有の配賦や棚卸資産評価に対応する、グローバル製造業向け原価管理テンプレート

日立ソリューションズは、「Microsoft Dynamics 365 for Operations」上で動作する「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」の販売を2017年4月1日から開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

 日立ソリューションズは2016年12月8日、「製造業向けトータルソリューション」強化の一環として、マイクロソフトのERPソリューション「Microsoft Dynamics 365 for Operations」上で動作する「グローバル製造業向け原価管理テンプレート for Microsoft Dynamics 365」(以下、原価管理テンプレート)の販売を、2017年4月1日から開始すると発表した。

 原価管理テンプレートは、日系企業特有の原価計算における配賦や棚卸資産評価に対応。グローバル展開を行っている日系企業の原価精度向上を図ることで、企業の製造コストの最適化と利益計画に貢献するという。


 日系企業の海外拠点では、現地ベンダーが提供するERPを採用しており、拠点ごとに異なるERPを導入するケースが多くみられる。そのため、全拠点のシステムを「Microsoft Dynamics 365」などのグローバルERPを導入することで統一しようというニーズが高まっている。しかし、日系企業特有の品目や部門への配賦、棚卸資産評価などがあるため、これらへの対応/機能サポートが課題となっていた。中でも、原価管理については、管理会計への対応などで必要となる機能を追加で開発するか、高額な専用パッケージを導入する必要があるため、システム投資の増大を招いていた。

グローバル製造業の原価精度向上を実現する3つの特長

 今回発表した原価管理テンプレートには、大きく3つの特長がある。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.