ニュース
» 2016年12月16日 08時00分 UPDATE

シーイーシー/AGC旭硝子 スマートロガー:作業動態分析システムが「スマートウォッチ」に続き、「スマートグラス」に対応

シーイーシーは、製造・物流現場向けに展開する作業者支援ソリューションの拡充に伴い、作業動態分析システム「スマートロガー」をスマートグラスに対応させ、2016年12月6日から提供を開始した。

[八木沢篤,TechFactory]

 シーイーシーは、製造・物流現場向けに展開する作業者支援ソリューションの拡充に伴い、作業動態分析システム「スマートロガー」をメガネ型ウェアラブル端末のスマートグラスに対応させ、2016年12月6日から提供を開始した。

 提供価格は約300万円からとなり、スマートロガー(1ライセンス)とスマートグラス端末2台、導入作業費、年間保守サービスが標準構成として含まれる。

 今回発表されたスマートグラス対応のスマートロガーは、同年7月に提供を開始した作業者向けスマートウォッチ版に続き、AGC旭硝子との共同開発によるもの(関連記事:熟練作業をデジタル化、スマートウォッチを活用した作業動態分析ソリューション)。新たにスマートグラス対応したことで、作業現場の管理者はハンズフリー(手ぶら)で作業内容を動画で記録・保存でき、「誰が」「いつ」「どこで」「どんな」作業をしているか、視覚的に把握し、動作および時間分析が行えるようになる。これにより、現場責任者や作業管理者のIE(Industrial Engineering)分析の精度向上と、データ収集・分析時間の大幅な削減が可能になるという。


ムリ・ムダ・ムラの発見と、改善活動工数の軽減に貢献


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.