ニュース
» 2016年10月13日 12時00分 UPDATE

オリジン RE-Gait:足首アシストで歩行リハビリ、わずか1キロの装着型ロボット

介護医療施設運営などを手掛けるオリジンが、約1kgと軽量な装着型歩行補助装置「RE-Gait」を販売開始する。

[渡邊宏,TechFactory]

 介護施設の運営と医療福祉機器の販売を手掛けるオリジンは2016年10月4日、片足約1kgと軽量な装着型歩行補助装置「RE-Gait」を同年10月17日より販売開始すると発表した。

 このRE-Gaitは脳卒中後の片まひ患者を対象とした小型軽量の歩行補助装置で、足首の動き“だけ”を補助することが大きな特長。足首の動きを補助することで歩行に必要な膝関節と股関節も連動して動かすことが可能となることから、より装着時負担を軽減してのリハビリテーションが行える。

装着型歩行補助装置「RE-Gait」 装着型歩行補助装置「RE-Gait」

 補助力はモーターだが画一的な補助を行うのではなく、装着者の状態に応じ、目標とする足関節の動きをタブレットにて設定できる他、このタブレットでは歩行パターンの設定と動作の変更も即座に行える。また、歩行データはタブレットへ記録させることが可能となっており、前回装着時のデータと比較することで、患者のモチベーションアップに寄与することも期待される。

 RE-Gaitの本体サイズは300×140×365(W×D×H)mm、約1000g。本体の他、利用時には制御ボックスが必要となり、制御ボックスの重量は約900gとなっている。本製品は早稲田大学理工学術院 田中英一郎教授ならびに広島大学大学院医歯薬保健学研究院 弓削類教授、スペース・バイオ・ラボラトリーズ代表取締役 河原裕美氏の共同研究成果を使って開発された。

拡大する装着型ロボット市場、2020年には150億円規模に迫る

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.