ニュース
» 2016年10月11日 10時00分 UPDATE

ラピスセミコンダクタ Lazurite Mini:乾電池3本で10年動作、SDカードサイズの無線搭載マイコンボード

ラピスセミコンダクタはSDカードサイズの超小型マイコンボード「Lazurite Mini」を販売開始する。徹底した省電力化により、単三形乾電池3本で10年以上の動作が可能だ。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]
基板をSDカードサイズまで小型化した「Lazurite 920J」 基板をSDカードサイズまで小型化した「Lazurite 920J」

ラピスセミコンダクタは2016年9月29日、Arduino互換の超小型マイコンボード「Lazurite Mini」シリーズを同年10月初旬より販売開始すると発表した。基板サイズをSDカードサイズにまで小型化し、加えて、単三形乾電池3本で10年以上の動作を可能とした。

 Lazurite Miniシリーズは既存製品である920MHz帯モジュール付きArduino互換ボード「Lazurite Sub-GHz」の機能をそのままに、基板サイズを従来比約80%まで小型化した「Lazurite 920J」を中心に、プログラム(スケッチ)ライターである「Lazurite Mini writer」、Xbeeシールド「Lazurite 920J Xbee Shield」などで構成される。

 Lazurite 920Jは基板サイズの小型化と同時に、ハードウェアとソフトウェアの最適化によって約7uAという待機電流を実現、単三形乾電池3本で10年以上の動作(1000mAhの電源容量で7ミリ秒の無線通信を1時間に40回通信した場合)が可能となっている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.