ニュース
» 2016年10月06日 15時00分 UPDATE

セゾン情報システムズ/東海ソフト:製造現場のIoT化を支援――国内主要PLCに対応したIoTプラットフォーム

セゾン情報システムズは、国内の主要プログラマブルロジックコントローラー(PLC)に対応したIoTプラットフォームの提供で、東海ソフトと提携した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 セゾン情報システムズは2016年9月、国内の主要プログラマブルロジックコントローラー(PLC)に対応したIoT(モノのインターネット)プラットフォームの提供で、東海ソフトと提携したと発表した。

 今回の提携では、セゾン情報システムズのIoTデータ転送ソフトウェア「HULFT IoT」と、東海ソフトのクラウド仮想デバイス「Flex Device」を組み合わせたソリューションを提供する。PLCなどのIoTデバイスから取得したデータを、クラウドセンターへ転送し、各デバイスの稼働状況の確認や遠隔管理が簡単に行えるようにする。

 ソリューションの提供は、東海ソフトを通じて2016年10月1日より開始する。両社では、2018年度までに100社への販売を目指す。

 FAや産業機器のIoT化では、各メーカーのPLCで通信手続きが異なり、データ取得が容易でないという問題があった。また、PLCから取得したデータの外部機器への転送は難易度が高く、情報漏えい対策などのセキュリティ対策も必要のため、IoT化の実現には時間とコストが掛かっていた。

システム連携イメージ図 システム連携イメージ図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.