ニュース
» 2016年09月26日 08時00分 UPDATE

電通国際情報サービス:IoTベンチャーと提携、製造業/社会インフラ領域におけるIoT事業の強化へ

電通国際情報サービス(ISID)は、製造業や社会インフラ領域におけるIoT事業強化のため、XSHELLと資本・業務提携を行った。

[TechFactory]

 電通国際情報サービス(ISID)は2016年9月20日、製造業や社会インフラ領域におけるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)事業強化のため、XSHELL(エクシェル)と資本・業務提携を行ったことを発表した。

 XSHELLは、IoT機器に搭載される組み込みソフトウェアに加え、ネットワークやクラウドに関するスキル/ノウハウを保有し、IoTゲートウェイ開発に必要な各種機能をあらかじめ備えたプラットフォームサービス「isaax(アイザックス)」を開発・提供するベンチャー企業である。

 isaaxを活用することで、煩雑になりがちな開発作業が効率化でき、導入コストと開発期間を大幅に削減・短縮できるという。ちなみにXSHELLが実施した個別プロジェクトでは、導入コストを25分の1に、開発期間を6分の1に短縮した実績もあるとしている。

 isaaxは、同時に複数台のデバイスをクラウドから一元管理する機能を備えており、デバイスの状態管理やプログラムのアップデートを一括して行うことができ、IoT機器の保守、運用性の向上にも貢献できるという。

 ISIDは、IoT関連事業を中期経営計画の戦略領域と位置付け、製造業向け事業領域を中心に、ソリューションの拡充を図ってきた。今後は、XSHELLとの資本・業務提携を通じて、両社の強みを生かし、IoTの利活用が進みつつある製造業や社会インフラ領域で、新しい仕組みやサービスの実現を支援していきたいとしている。また同時に、XSHELLとの協力関係をより強固なものとすることで、IoT領域のソリューション強化を加速させるとともに、XSHELLのさらなる成長を支援していくという。

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー

IoT関連情報をまとめてチェック:

IoT Watch

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)にまつわる業界・企業動向、技術トレンド、IoT活用ソリューション、IoT構築支援サービスなどの情報をまとめてお届けします(特集ページはこちら)。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.