ニュース
» 2016年09月16日 18時00分 UPDATE

CTC RoBo-LAB:ロボットの企業利用をトータルサポートする研究・検証設備を開設

伊藤忠テクノソリューションズは、ロボットの企業利用を研究する検証設備「RoBo-LAB」を開設し、ロボット導入を検討している顧客に向けた検証サービスの提供開始を発表した。

[TechFactory]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は2016年9月15日、ロボットの企業利用を研究する検証設備「RoBo-LAB(ロボラボ)」を開設し、ロボット導入を検討している顧客に向けた検証サービスの提供開始を発表した。

 RoBo-LABでは、人型/対話型ロボットの導入を検討している顧客向けに、ロボット導入の企画検討の支援から各種ロボットのデモンストレーション、ロボットアプリケーションの開発まで、利用場面に応じた実証実験をトータルでサポートする。例えば、店舗向けには人感センサーやニュースサービス、宿泊施設では観光案内サービスとの連携など、既に用意されたテンプレートを活用した検証が可能だという。

 RoBo-LABは、マルチベンダー環境でのシステム検証を可能にするCTCの総合検証センター「Technical Solution Center」(以下、TSC)内に開設される。TSCには、企業が一般的に使用するIT製品から最新機器までを幅広く常備しており、CTCの豊富な経験・実績、長年培った技術力で検証作業をサポート。さらに、TSC内にRoBo-LABを開設することで、サーバやストレージなどの設備を使用した総合的な検証が可能となるため、企業データに基づいたカスタマーごとの対応を目的とした、顧客管理/店舗管理などの既存システムとの連携について実現可能な範囲や効果などを確認できるという。

 CTCは、中長期でのビジネス創出を担う「イノベーション推進室」を中心に、ITを通した豊かな社会の実現に向けて取り組んでおり、ロボットの本格的な普及を見込んで、各種ロボットとセンサー、Webサービスを連携する「ロボット管理プラットフォーム」を開発(対応ロボット:「Pepper」「NAO」「Sota」※随時追加予定)。複数種類のロボットを統一的かつ直観的な画面から動かすことができ、RoBo-LABでの検証やトレーニングを通して、現場に応じたロボットの操作・管理が体験できる。なお、RoBo-LABを通してロボットの導入を決定した顧客には、実証実験の結果に基づいて、適切なロボット使用環境の設計や構築、アプリケーション開発を行うとしている。

ロボット管理プラットフォームの画面(開発中) ロボット管理プラットフォームの画面(開発中) 出典:CTC

 今後CTCは、産業用ロボットやさらなるコミュニケーションロボットへの対応とプラットフォームの機能追加により、RoBo-LABのサービス強化を図るという。また、IoTや人工知能(AI)などの分野でもTSCを中心に、研究・検証のための設備を拡充し、顧客の新たなサービス創出に貢献して、第4次産業革命を推進していきたい考えだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.