ニュース
» 2016年09月15日 12時00分 UPDATE

MathWorks Simulink Design Optimization:設計空間の探索をサポートする感度解析ツールを追加

MathWorksは、「Simulink Design Optimization」に設計空間の探索をサポートする感度解析ツールが追加されたことを発表した。

[TechFactory]

 MathWorks(マスワークス)は2016年9月8日(米国時間)、「Simulink Design Optimization」に設計空間の探索をサポートする感度解析ツールが追加されたことを発表した。

 感度解析ツールは、「Release 2016a」の一部として追加されたもので、設計技術者はSimulink Design Optimizationを使用して、Simulinkモデルの実験計画およびモンテカルロシミュレーションを対話的に行うことができる。

 設計技術者は、パラメーターの変更がモデルの動作にどのように影響するかを頻繁に確認する必要がある。例えば、燃費などの設計特性に対してどのパラメーターが最も大きな影響を及ぼすかを特定することにより、技術者は設計が規定の要件を満たしていることを確認できる。

 感度解析ツールを使用すれば、モンテカルロシミュレーションによる解析を実行でき、大規模な設計空間の探索が可能になる。同ツールは、対話的に複数のパラメーター変動を指定し、多数の標準およびカスタム設計要件を取り込んで、シミュレーション結果を視覚的・定量的に解析する。

 感度解析の結果を使用することで、設計に直接影響を及ぼすことができるだけでなく、モデルをテストデータに近似させたり、設計要件を満たすようにモデルを調整したりするなど、数値最適化タスクのパフォーマンスを改善できる。また、Simulinkの高速リスタート機能およびParallel Computing Toolboxを使えば、感度解析ツールの処理をスピードアップさせることも可能であるという。

感度解析ツール 「Simulink Design Optimization」では、感度解析を実行し、モデルパラメーター(上)によりコスト関数がどのように変わるかを確認できる。統計を出してトルネードプロット(下)を作成し、どのパラメーターがコスト関数に最も大きな影響を与えるかを判別する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.