ニュース
» 2016年08月08日 18時00分 UPDATE

特選レポートガイド:新たな給電方式として普及が期待される「USB PD」

「『USB PD(USB Power Delivery)』実態調査」に関する結果レポート。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で実施した読者/会員アンケート「『USB PD(USB Power Delivery)』実態調査」(調査期間:2016年6月)の結果をレポート形式にまとめました。

87%が「普及する」と回答、新たな給電方式として大注目の「USB PD」

87%が「普及する」と回答、新たな給電方式として大注目の「USB PD」

 最大100Wまでの給電を全てUSBケーブルで行える「USB Power Delivery(USB PD)」規格。まず認知度を調べたところ「知っている(23.6%)」と「聞いたことがある(36.2%)」の合計が半数以上を占め、新たな給電方式としての注目度の高さがうかがえる結果となった。

 また期待値も非常に高く87%が「普及する」と回答。利用シーンとしては「USB PD対応コンセントからの機器への給電」(85%)が最も多い回答となった。

 こうした認知度の他にも、想定される利用シーン、メリット/デメリット、USB PDの機器への採用状況や、USB PD対応機器の設計開発における課題などについて詳しく調査した。

電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで実施した読者/会員アンケート「『USB PD(USB Power Delivery)』実態調査」(調査期間:2016年6月13〜28日)の結果を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.