ニュース
» 2016年08月02日 09時00分 UPDATE

アスラテック VRcon for Pepper:ロボットによる接客の違和感は“中の人”が解決する!? 「Pepper」遠隔操作ソリューション

アスラテックは、人型ロボット「Pepper」を遠隔操作できるシステム「VRcon for Pepper」のライセンス提供を、システムインテグレーター各社向けに開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」(出典:ソフトバンクロボティクス) ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」(出典:ソフトバンクロボティクス)

 アスラテックは2016年7月20日、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を遠隔操作できるシステム「VRcon for Pepper」(以下、VRcon)のライセンス提供を、システムインテグレーター各社向けに同年7月21日から開始すると発表した。

 VRconは、操作用端末(スマートフォン、タブレット端末、PCなど)を使って、インターネットに接続されたPepperを遠隔操作するためのシステム。Pepperを遠隔操作で動かしたり、映像や音声を使ったやりとりを行ったりできる。操作者(オペレーター)の音声をそのままPepperで出力できる他、オペレーターの言葉やキーボード入力した内容をPepperの声で読み上げる機能や、Pepperのカメラ映像やマイク音声を操作用端末で出力する機能なども備える。

 今回アスラテックは、NEC、日立システムズ、フューブライト・コミュニケーションズ、M-SOLUTIONS、TISに対してVRconのライセンス提供を行う。これにより、各社がそれぞれ得意とする分野や顧客に向けてロボットの遠隔操作を生かしたソリューションを手軽に構築できるようになるとしている。

「VRcon for Pepper」の構成イメージ図(出典:アスラテック) 「VRcon for Pepper」の構成イメージ図(出典:アスラテック)

「VRcon for Pepper」でどんなサービスを実現できるか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.