ニュース
» 2016年08月01日 10時00分 UPDATE

松浦機械製作所 MX-330/V.Plus-550:小型設計でありながら十分な加工エリアを確保した5軸制御立形マシニングセンタ

松浦機械製作所は、5軸制御立形マシニングセンタ「MX-330」と立形マシニングセンタ「V.Plus-550」の販売を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 松浦機械製作所は2016年7月、5軸制御立形マシニングセンタ「MX-330」と立形マシニングセンタ「V.Plus-550」を発売した。

 今回発売されたMX-330は、同社の5軸制御立形マシニングセンタ「MX」シリーズに追加されたもので、一般小物部品加工分野からの小型化要求に応えて開発された。コンパクトな機械サイズでありながら、最大ワークサイズ(テーブル仕様)D420×H320mmと十分な加工エリアを確保している。作業面は直径250mm。主軸回転速度は15000/65.1Nm(いずれも標準)となっている。

 また、MX-330には「簡単自動化」の要素が盛り込まれ、フロアパレットシステム「PC10」と工具本数90本のパッケージオプションが用意されている。さらに、ロボットインタフェースオプションにより、汎用ロボットとの組み合わせにも対応できる。

 同社は、MX-330の開発と同時にフルモデルチェンジしたV.Plus-550を、同日に発売した。MX-330、V.Plus-550ともに、既存同クラス機のフロアスペース内に設置可能だという。

MX-330 MX-330
V.Plus-550 V.Plus-550

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.