ニュース
» 2016年06月09日 12時00分 UPDATE

キヤノンITソリューションズ RobustFinder Suite:マウス操作で産業用検査装置向け画像処理アプリを構築できる統合型開発環境

キヤノンITソリューションズは、統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を2016年6月24日から開始する。

[TechFactory]

 キヤノンITソリューションズは2016年6月7日、統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite(ロバストファインダー スイート)」の販売を同年6月24日から開始すると発表した。

 近年、製造現場では、生産設備の性能向上や検査品質の重要性の高まりから、製造ラインでの作業内容の多様化・複雑化が進んでいる。それに伴い、検査用アプリケーションも高度化しており、開発工数の短縮・効率化が課題となっているという。

 同社はこうした課題を解決するため、これまで開発手法にあわせて開発・販売してきた画像処理製品群を統合した、RobustFinder Suiteの販売を開始する。

 同製品は、多種多様な産業用検査装置に組み込まれる画像処理アプリケーションをマウス操作で簡単に作成できる統合型の開発環境で、産業用画像処理ライブラリ「RobustFinder」、ソースコード自動生成ツール「RobustFinder Source-Code Generator」、画像処理アプリケーション構築ツール「Brevinage」が統合されている。


「RobustFinder Suite」3つの特長

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.