ニュース
» 2016年05月06日 15時00分 UPDATE

テクトロニクス DPO70000SX:IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグ向けテストソリューション

テクトロニクスは、70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに対応した、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 テクトロニクスは2016年4月、同社の70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに対応した、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。

 今回発売されたソリューションは、マルチギガビット無線接続のシリコンとシステム設計における、IEEE 802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションとなる。同社のDPO70000SXシリーズに搭載することで、EVM(Error Vector Magnitude)が、他社製品より20%優れた確度で特性評価できるという。

IEEE802.11adテストソリューション IEEE802.11adテストソリューション

60G〜65GHzのスペクトラムをカバー

 IEEE 802.11adは、免許不要の60GHzスペクトラム帯域(国によっては最高65.80GHz)の周波数を使用し、最高7Gbpsのデータスループットを目指している。同ソリューションは、最高70GHzの信号でのライブトリガーに対応。60G〜65GHzのスペクトラムをワンボックスでカバーするため、セットアップやデバッグを簡素化できる。

 また、オシロスコープとSDLA64シリアルデータリンクビジュアライザーによるケーブル、アッテネーター、アンプのディエンベッド機能を搭載。これにより、より優れた測定確度を可能にしている。RFと時間、各ドメイン間の相関関係も分かるため、デバッグのスピードが向上し、潜在的な問題点も詳細に観察できるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.