ニュース
» 2016年03月07日 12時30分 UPDATE

三菱電機 iQ Care Remote4U:IoT技術を活用したレーザー加工機向け見える化・リモート診断サービス

三菱電機は板金加工向けレーザー加工機の稼働状況のリアルタイム確認/遠隔診断を可能とする「iQ Care Remote4U」のサービス提供を2016年4月から開始。NECのIoTプラットフォームやソフトウェアVPNサービスを活用して実現した。

[八木沢篤,TechFactory]
「iQ Care Remote4U」

 三菱電機とNECは2016年3月7日、FA分野における「IoT(Internet of Things)」活用で連携を強化する方針を明らかにした。

 三菱電機は2003年より、次世代のモノづくりを実現するFA統合ソリューション「e-F@ctory」の提供を推進。2011年にNECがe-F@ctoryのAllianceパートナーに加入して以降、両社はFA分野での連携を行ってきた。

 今回NECは、各種データの収集・加工・蓄積などを行うIoTプラットフォームやセキュアなソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供。三菱電機は、これらを活用することで、同社が顧客に納入した板金加工向けレーザー加工機の稼働状況のリアルタイム確認/遠隔診断を可能とする「iQ Care Remote4U」のサービス提供を同年4月から開始する。

両社の連携により実現するサービスの特長とは?

 iQ Care Remote4Uで実現できることは、大きく2つある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.