ニュース
» 2016年02月19日 12時29分 UPDATE

ARM Cortex-R8:IoTデバイスやコネクテッドカーを支える通信の要に! 5Gモデム設計に最適な「Cortex-R8」

ARMは、5Gモデムやマスストレージデバイスに必要な低レイテンシ、高性能・高電力効率を提供する新プロセッサ「Cortex-R8」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
新プロセッサ「Cortex-R8」 新プロセッサ「ARM Cortex-R8」

 ARM(アーム)は2016年2月19日、5Gモデムやマスストレージデバイスに必要な低レイテンシ(遅延時間)、高性能・高電力効率を提供する新プロセッサ「Cortex-R8」を発表した。同日よりライセンス供与を開始し、2016年内にシリコン出荷を行う予定だという。

 Cortex-R8はクアッドコア(4コア)構成で、リアルタイム機能と低レイテンシメモリを兼ね備えており、従来の2倍の性能を持つARM搭載モデムやマスストレージデバイス用SoCの設計に最適なプロセッサである。既に、ARMのシリコンパートナーは設計作業を開始しており、2016年中にマスストレージ市場をターゲットとしたCortex-R8搭載SoCの提供が開始される見込みだという。


コネクテッドカーやIoTデバイスを支える通信の要に!?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.