ニュース
» 2016年02月10日 10時00分 UPDATE

Analog Devices ADF4355:VCO内蔵PLLシンセサイザー、モバイルネットワーク事業者向けに

アナログ・デバイセズは、VCO(電圧制御発振器)内蔵PLLシンセサイザー「ADF4355」を発表。携帯電話基地局に組み込むことで、ワイヤレスサービスプロバイダーは通話のスループットを高め、携帯電話の通話エリアを拡大できるという。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 アナログ・デバイセズ(ADI)は2016年1月、モバイルネットワーク事業者向けに、携帯電話基地局の性能とワイヤレスサービスの品質を改善する、VCO(電圧制御発振器)内蔵PLLシンセサイザー「ADF4355」を発表した。携帯電話基地局に組み込むことで、ワイヤレスサービスプロバイダーは通話のスループットを高め、携帯電話の通話エリアを拡大できるという。


38ビットのモジュラス分解能

 ADF4355は、出力周波数3.4G〜6.8GHzのVCOを内蔵している。VCO周波数は1、2、4、8、16、32、64の分周回路に接続され、最低54MHzのRF出力周波数を生成可能。これにより、54MHz〜6.8GHzのRF出力周波数範囲に対応した。

 また、RF出力段は、ハードウェア/ソフトウェアを制御可能なミュート機能を備え、ノイズのアイソレーションが必要なアプリケーションに対応できる。フラクショナルN/インテジャーNのいずれかで動作し、38ビットのモジュラス分解能により、リファレンス入力周波数とは関係なく、正確な周波数動作を提供できるとしている。

VCO内蔵PLLシンセサイザー「ADF4355」 VCO内蔵PLLシンセサイザー「ADF4355」

 ADF4355は、内蔵のチャージポンプとVCOが4.75〜5.25V、その他のアナログとデジタル回路は3.15〜3.45Vの電源で動作する。VCO位相ノイズは1.7GHzで1MHzオフセット時−144dBc/Hz、RMSジッタは150フェムト秒となる。

 パッケージは5×5mmのLFCSPで、1000個購入時の単価は20.44米ドル。評価用ボード「EV-ADF4355SD1Z」は1ユニット300米ドル、同ボードに必要なコントローラボードインタフェース「EVAL-SDP-CS1Z」は1ユニット49米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.