ニュース
» 2019年02月14日 07時00分 公開

機能する印刷:インクジェット技術で形状の自由な二次電池製造を実現、リコー世界初技術を発表

リコーは、インクジェット技術を用いてリチウムイオン二次電池を自由な形状で製造する技術を「世界で初めて」(同社)開発したと発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
IoTデバイスやウェアラブルデバイスに実装した活用イメージ 同技術をIoTデバイスやウェアラブルデバイスに実装した活用イメージ (出典:リコー)

 リコーは2019年1月29日、インクジェット技術を用いてリチウムイオン二次電池を自由な形状で製造する技術を「世界で初めて」(同社)開発したと発表した。

 リチウムイオン二次電池を構成する主要部材である電極(正極と負極)やセパレーターの材料をそれぞれインク化し、インクジェット技術を用いて狙った場所に重ねて“デジタル印刷”することで、形状の自由な二次電池の製造を可能にする。

 同技術は、紙や紙以外へのプリントによる「表示する印刷」にとどまらず、プリンティングにまつわる材料やプロセスなどの技術を組み合わせ、新たな価値を創造する「機能する印刷」への取り組みの一環として具現化したものである。

デバイス上に二次電池を直接印刷する実装技術の実現を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading