連載
» 2019年01月18日 09時00分 公開

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(4):工作機械とクラウドをどうつなぐ? 製造業IoTで考慮すべき「通信」について (1/2)

IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。連載第4回は、工場内の各機器とクラウドサービスなどをつなぐ「通信」について取り上げる。

[中田佳孝/ハピクロ 常務取締役,TechFactory]

 前回は、IoT(Internet of Things)の取り組みの中で、データ処理のキーとなる「クラウドサービス」と「エッジデバイス」にフォーカスし、解説しました。

 今回は、工場現場の各機器とクラウドサービスなどをつなぐ「通信」について取り上げたいと思います。


通信方法をどのように選定すべきか?

 工場内の工作機械などとクラウドサービスをネットワークでつなげようとした場合、どのように通信方法を選定すべきでしょうか。

 取り得る手段もさまざまありますし、会社や現場によって環境なども異なるため、“ベストプラクティス”は決められませんが、基本的には以下の3点について把握および検討し、総合的に選定することになります(図1)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading