メディア
ニュース
» 2018年05月17日 07時00分 公開

Edgecrossは「協調と連携」で製造業IoTの課題解決を提案するEdgecross(2/2 ページ)

[渡邊宏,TechFactory]
前のページへ 1|2       

 この基本ソフトに、稼働監視やデータ分析などといった「エッジアプリケーション」と、EtherCATなど産業ネットワーク経由で入力されたFA(生産現場)側からのデータを変換する「データコレクタ」を現場に応じて組み合わせて利用する。いわばFA(生産現場側)のデータを使いやすくするための変換プラットフォームであるともいえ、生産システム全体を独占するような構成は意図されていない。

 スマート工場や工場見える化、製造業IoTといった取り組みを進める団体や企業は多く存在するが、Edgecrossはあくまでも「場の提供」であるとし、金井氏も「Edgecrossは連携と協調が基本姿勢であり、他団体との競争は考えていない。各社・各団体の取り組みのなかで使ってもらえればいい思っている」と、他団体や他組織との連携や協調を強く主張する。

「Edgecrossマーケットプレイス」(2018年5月8日現在) 「Edgecrossマーケットプレイス」(2018年5月8日現在)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.