特集
» 2018年01月23日 09時00分 公開

現代的なCPUの脆弱性:組み込みプロセッサにも影響大「Spectre」「Meltdown」の背景を探る (3/4)

[大原 雄介,TechFactory]

 このMeltdown(Variant3)の仕組み、実は幾つかの前提が整っていないとうまく動かない。1つはCPUパイプラインがスーパースカラー/アウトオブオーダー実行を実装していなければいけないことだ。

 そもそもインオーダーの場合、4行目で保護違反を検知する前に5行目以下の処理が終わる、という事が起き得ない(それが起きたらアウトオブオーダー実行である)し、シングルイシューのパイプラインだと保護違反の検知前に7行目まで実行するのは(処理性能的に)恐らく無理である。

なぜA75は影響を受けて、A72は受けないのか

 ではスーパースカラー/アウトオブオーダー実行が実装されているCPUなら何でもこれが起こり得るのか? というとそうでもない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading